スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェティッシュ ■レブ・ブラッドック監督




■フェティッシュ FETISH

製作総指揮: クエンティン・タランティーノ
監督・脚本: レブ・ブラッドック
脚本: ジョン・マース
音楽: ジョゼブ・ジュリアン・ゴンザレス
出演: ウィリアム・ボールドウィン/アンジェラ・ジョーンズ/ブルース・ラムジー/バリー・コービン/メル・ゴーラム



■みそ評
→ストーリー★★★☆☆(3.0点)
→衝   撃★★★☆☆(3.0点)
→役   者★★★★☆(3.5点)
→オススメ度★★★★☆(3.5点)



■コメント

あのB級映画の帝王タランティーノを虜にしてしまったB級短編映画があった。

ヘェ~。ヘェ~。ヘェ~。ヘェ~。(トリビア風)


この作品は元々は短編で、それがタランティーノの目にとまり長編となった。

とにかくキャラクターが強烈。
殺人現場清掃員ガブリエラ。

誰もが嫌がりそうな職場だが、彼女にとっては天職そのもの。
殺人現場で水を得た蛙のように飛び回る。
演技とは思えないほど、怪奇な表情が実に素晴らしい。

そんな彼女はタランティーノに気に入られ「パルプフィクション」ではタクシーの運転手役で出演しております。
当然、相変わらずのフェチぶりを発揮しており(笑)、ブッチも質問攻めにタジタジの様子。
この映画を知っていると、腹をかかえて笑えます。

殺人現場という暗いイメージがありますが、ガブリエラの無邪気な探究心が全編通して明るくしてくれます。
残虐シーンもないし、血とか苦手な女の子でも本作は大丈夫なんじゃないかな(何の根拠もありませんが…)。
音楽もミスマッチのようでマッチしておりますしね。

特に、「フォールームス」や「フロム・ダスク・ティル・ドーン」が好きな人にはオススメです。
タランティーノのブラックな笑いに浸ってください。
エンドクレジット終了後も目が離せません。


ところで死体はしゃべるのか???


疑問は続く...。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
Google AdSense
楽天市場
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。