愛という名の疑惑 ■フィル・ジョアノー監督




■愛という名の疑惑 Final Analysis

監督: フィル・ジョアノー
脚本: ウェズリー・ストリック

出演: リチャード・ギア/キム・ベイシンガー/ユマ・サーマン/エリック・ロバーツ/ポール・ギルフォイル/キース・デビッド/ロバート・ハーパー/他 







ストーリー★★★★☆(3.5点)
衝撃★★★★☆(3.5点)
役者★★★☆☆(3.0点)
オススメ度★★★★☆(3.5点)


■コメント

エロティックで翳のある女がお似合いのキム・ベイシンガー。
この映画では、彼女の魅力(?)がいかん無く発揮されております(笑)

キムと妹のユマ・サーマンの悪女コンビが、演技がパッとしないリチャード・ギアを盛り立てます(笑)。
本当、「女は強い!」というか恐い。。。

殺人事件が起きると、弁護側が主張する精神障害。
症状が目に見えないだけに、なかなか判断が難しいのでしょう。
この映画では、アメリカの裁判の様子も伺えます。
陪審員の方々に主張する弁護士たち。。。
オイラがその立場だったら、何を根拠に判断するのだろう。

非常にデリケートな問題です。。。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
Google AdSense
楽天市場
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード