スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」




青春時代の思い出の映画ってありますよね。
オイラの場合はこの映画もその1本です。

今日、金スマで近藤真彦さんのヒストリーを放送しておりましたが、
もし自分が芸能人にならなかったら
もし自分が母親に喫茶店をプレゼントしなかったら
母親は死ななかったんじゃないか。。。
そう苦悩する日々だったらしいです。

あの日あの時ってのは、生きてる限り永遠に思う事で、日々後悔の連続です。
後戻りはできない人生において、その場その場でどのような選択をするか?
オイラも今はプーですが、結果を知っていたら違った人生を送っていたかもしれないし、前の職場を辞めなければ、ヒョンな事からこの世にいないかもしれない。

誰もわからない事なんです。
だから生きてる限り、幸せだと言い聞かせ過ごしております。

似たような映画にバタフライエフェクトがあります。
バック~よりもブラックが強い映画ですが、同様に感じますね。

まぁ~、その辺の事はさておき、映画くらい過去に戻れても良いでしょ。
脚本がやや粗いところはありますが、楽しんだ者勝ちです。
誰でも親の若かった時代って興味ありますからね。
何も考えないで鑑賞しましょう。

それにしてもマイケル・J・フォックス若いね!

あっそうそう点数は75点。
娯楽大衆映画で万人が楽しめます。


=========================
バック・トゥ・ザ・フューチャー

出演: マイケル・J・フォックス, クリスピン・グローヴァー, クリストファー・ロイド, リー・トンプソン, トーマス・F・ウィルソン

監督: ロバート・ゼメキス






スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわ。
僕もこの映画大好きです♪
シリーズも全部何回も見ました(^0^)
と言うかマイケル・J・フォックスが好きでしたね。
病気で俳優業を引退したのはかなりショックでした(>_<)

あとバタフライエフェクトも鑑賞しました。
確かに物語が重いですけど、かなり面白かったです。
過去に戻れる・・・映画だから許せる行為ですよね(^^;)

なるべく後悔のないように生きていきたいですね♪

Re: No title

> flower concept さま
コメントありがとうございます。

確かにマイケル・J・フォックスが観れなくなってしまったのは残念です。
存在感は抜群でしたからねぇ~って、なんか亡くなってしまったような言い回しですいません。
彼は彼なりの人生を今楽しんでいるでしょうから、オイラは彼が残してくれたDVDで満足することにします(笑)

バタフライエフェクトも面白いですよね。
「蝶の羽ばたきが地球の反対側では竜巻になる」
今生きている世界っていうのは、一人ひとりの微妙なバランスによって保たれているんですよね。
誰の影響を受けるかわからないが、誰かの行動によって自分の運命も実は左右されている。
過去に戻ってグチャグチャにされちゃうなんて、確かに映画だから許されますよね(笑)

今生きているっていう現実を良しとしますか。

長々すみません。またよろしくお願いします。
ではでは~。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
Google AdSense
楽天市場
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。