スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱!震災

2011年3月11日。
15時ちょっと前だったでしょうか。

職場の上司と車を運転中の出来事でした。
ラジオから「ブルゥ~ブルゥ~」と聞きなれた音が。。。

地震速報だ!

これまでも幾度となく聴いていた音。
その時はこれほどまでの被害になるとは想定していなかった。。。


丁度、車は信号待ちで停車中。
そこに経験した事のないような強烈な揺れが。
縦揺れがドカンと響いた後、うねるような横揺れ。

歩行者は歩くこともできず蹲ってる。
電柱も大きく揺れ、壁も崩れ始めている。
小学生の集団がいたが、とても車の外に出られる状態ではなかった。
早く終わってほしい。。。
そう願っても執拗に揺れ続ける。。。

そして、辺りは一気に様変わり。
一気に暗くなり、やがて雪まで降ってきた。

ようやく収まった揺れ、小学生は周りの大人が守ってくれていた。
上司と電話をかけ続けても全くつながる気配すらない。
募る不安。すぐさまUターンして職場へ戻った。

ところどころ陥没している道路。
ラジオからは「大津波警報です。10分後10メートルの津波の恐れ」
10メートルって。。。

未だ半信半疑な状態で、職場へ戻った。
電線は落っこちて、多くの人が駐車場へ避難していた。
皆、携帯電話を片手に青ざめた表情をしている。
幸いけが人はいない様子だったが、事務所内は天井が剥がれ落ち、ロッカーが倒れ書類が散乱し、パソコンなんかも地面に叩きつけられていた。

そんな時、ヘリコプターが頭上を通過。
「津波が来ます。早く非難してください」
皆、えっ?ってあっけに取られた表情。
だってうちの職場、海から結構離れてるし。
結構油断してたんですよね。
そんな筈ないって。。。

それから職場の被害状況を確認し、家族と連絡を取り続ける。
ワンセグで映し出される悲惨な映像。。。
空港が。。。水没している。。。
その映像はあまりにショックだった。
オイラの毎日の通勤路までも水没する津波の脅威。

地震は幾度となく経験しているが、津波なんて実感がない。
堤防の無い時代に大惨事を齎した過去のものと思っていた。
そんなパニック映画のような光景の中に自分がいる。
何度も夢かと、夢であってほしいと思っていた。が。。。

なんとか妻に電話がつながったのは震災後1時間が経過しようとしていた頃だった。
幸い、息子も娘も無事だった。
出かけている筈の母親もたまたま家にいて息子を非難させてくれていた。
偶然とは不思議なもの。
息子はなかなか母(祖母)に懐かないのに。その日は「ばあちゃんと遊ぶ」と言って一緒にいたらしい。
その直後激しい揺れに見舞われ、うちの母のお得意の避難場所のトイレに駆け込んだとか。

さてさて、にわかに辺りが騒がしくなってきた。
なんとうちの職場のすぐ近くまで津波が押し寄せてきているとか。
皆で走って駐車場まで車を取りに行き、そこからそれぞれ帰路についた。
真っ暗なセブンイレブンには、多くの車が停まっていた。
避難警報が出たのだろう、大きな荷物を持った家族が足早に避難場所へと向かう。

道路は大渋滞。
皆、海とは逆の方向へ逃げている。
ラジオからは震えるアナウンサーの声。
真っ暗な街並み。

自宅にたどり着いたのはそれから4時間半後であった。



~つづく~


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

無事でなによりです

こちらでは初めましてですね。
謹んで東日本大震災による災害のお見舞いを申し上げます。

こちらは震度5弱の揺れでしたが、それでもこんなに大きいのは
初めての経験で大変驚かされました。
震源がそちらでしたので、大変心配して電話を繰り返しかけたのですが
まったく繋がらない。報道映像も凄まじいものばかりでもう滝汗ものでした。

復興の道程は険しいかと思いますが、子供たちの将来の為
是非投げ出さずに頑張って頂きたい。

宮城県民が先進性・工夫・企画・開発力に秀でた結果が、
ひとめぼれであり、冷やし中華であり、牛タンであり、
巨大タウンに変貌した大河原町の姿であると信じて疑わないのであります。伊達者の末裔達が、その沿岸部から奥羽山系の麓の平野部にかけて開花させた才華は、実に大したものなのです。

でわまた!おちついてからまた。

Re: 無事でなによりです

>まっぴら様
コメントありがとうございます。
余震が続いておりますが、なんとか無事に過ごせてます。
街の灯りも徐々に増え始め、復興へ向け着実に歩み始めております。

今後ともよろしくお願いします。

本当によかったです。

としぞうさんも ご家族の皆様もご無事で本当によかったです。
テレビで見る津波の映像はあまりにも 酷すぎて私の頭の許容範囲を越えてしまっています。

どんなに怖い思いをされた事か…

私に出来る事といえば 赤十字に義援金を送る事と祈る事だけです。

としぞうさんや被災地の方々が1日も早く元の生活に戻る事ができますように。

復旧が進みますように。

本当にご無事でよかったです。

体調に気をつけて下さいネ。

Re: 本当によかったです。

>ゆっこさん
コメント&御心配いただきありがとうございます。

なんとかかんとか生活できてますよ♪
まぁ~不便な事は多々ありますが...。
贅沢言ってもキリがありませんもんね。

この場を借りて全国の方々の温かい言葉・ご支援に感謝いたします。


これからもヨロシクです。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
Google AdSense
楽天市場
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。