スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ナイトメア・シティ ■ゾンビドローム





話:★★★★★★☆☆☆☆
恐:★★★★★☆☆☆☆☆
酷:★★★★☆☆☆☆☆☆
艶:★☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(話→ストーリー、恐→恐さ、酷→残酷さ、艶→エロさ)



■ナイトメア・シティ □NIGHTMARE CITY

監督: ウンベルト・レンツィ

脚本:アントニオ・チェザーレ・コルチ、ピエロ・レニョーリ、ルイス・マリア・デルガド

出演: ウーゴ・スティグリッツ、ラウラ・トロッター、メル・フェレール、フランシスコ・ラバル、マリア・ロザリア・オマジオ、ソニア・ヴィヴィアーニ




▼ストーリー概要▼

交信不能で強制着陸した軍用機の中から武器を操る知性を持つゾンビ軍団が現れた。空港は屠殺場と化し、さらに食物を求めてゾンビたちは人口が過密する大都市へと侵略を開始する。




▼ひとこと▼

マシンガン打ちまくります。
マウントポジションから、ナイフでグサグサ刺しまくります。
合図をしながら全速力で追っかけてきます。

ゾンビの中でも、戦闘能力は抜群。
そのまま軍事兵器として、世のため人のために活躍して欲しいほどです。
このキャストをそのまま使って、悪い奴らをやっつけるゾンビ・ソルジャーなんて映画も作れちゃいそうな勢いです。

ちょっと話が脱線してしまいましたが、この映画は音楽もやばくて単調で暗いメロディが鑑賞後も頭から離れません。
本当、救いの無い映画です。

ただ、気持ち悪いか?と聞かれるとそうでもない。
どちらかというと、アクション色の強い仕上がりなんですよね。
一般のゾンビ映画のように、はらわた抉り出してムシャムシャなんてシーンは存在せず、行儀良くナイフで斬りつけてから血を吸う吸血系のゾンビなのです(笑)。

DVDは、廃盤らしくプレミア価格となっているようですが、よっぽどお好きな方はコレクションにどうぞ、っていう程度ですかね。
ちなみにオイラは持ってます(笑)。



▼化け物データ▼

種別:ゾンビ(吸血系)

【特徴】
基本的に、話すことが出来ない意外は、死なないだけで人間と一緒。走る、ナイフを使う、マシンガンを打つ、車を運転する、集団行動を取る、、、最悪です(笑)


スピード:★★★★★★★☆☆☆
パワー :★★★★★☆☆☆☆☆
知能  :★★★★★★★★★☆

弱点 :頭を打ち抜くこと
その他:全般的に凶器は使用可能。車も運転する。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Google AdSense
楽天市場
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。